2018年10月7日
自分たちらしく輝ける「場所づくり」を目指す「Cider Project」にインタビュー
Mqrshu5pbp7tdhqhdnug

現在の既存制度においては発達障害に限らず、確定診断がついていない境界線上の方々など、
救い切れていない人々が社会には数多く存在しています。

「Cider Project」が思い描く「適材適所」、つまり多種多様な人たちがそれぞれ自分らしく輝ける場所作り。彼らが追い求める「私たちが私たちらしく輝ける場所」とは一体何なのか?多方面での支援活動と彼らのミッションは?
そんな「Cider Project」に話を伺ってみました。是非ご覧ください。

詳しくはこちら

引き続き、Minsalaをよろしくお願い申し上げます。

#<Gretel::Renderer:0x007f9924b125a0>