絶賛リストラ中のNECが最後の力を振り絞ってデンマークIT最大手を約1,360億円で買収。

絶賛リストラ中のNECが最後の力を振り絞ってデンマークIT最大手を約1,360億円で買収。

2018年12月29日

NECは27日、デンマークのIT(情報技術)最大手であるKMDホールディングを買収すると発表した。80億デンマーククローネ(約1360億円)を投じ、米系ファンドから2019年2月末に買収を完了する。KMDは政府・官公庁向けのITサービスに強い。各国政府がデジタル化を進めており、NECはノウハウや顧客基盤を取り込む。

2月末に発行済み株式全てを取得する。NECとしては過去2番目の大型買収。KMDの17年12月期の連結売上高は約960億円で、営業損失は9億円の赤字だった。

デンマークは政府のデジタル化が最も進んだ国の一つとされる。KMDは同国の中央・地方政府に強い顧客基盤を持つ。行政機関のコスト削減に向け、世界でデジタル化が進むとみられ、NECは自社の生体認証技術などと組み合わせて需要を開拓する。

NECはかねて海外企業のM&A(合併・買収)に2000億円を投じる方針を打ち出していた。18年1月にも710億円で英中堅IT会社の買収を発表していた。

事業構造改革の遅れでNECは業績が低迷しており、リストラを進めてきた。11月末までに実施した希望退職では、2170人が応募。事業売却も含めて来春までに3000人がグループを去る見通し。人員削減にメドをつけたことで、買収による攻勢に転じる。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39456890X21C18A2MM8000/



Minsala Balloonのトピック募集中!
Minsala Balloonで取り上げて欲しいトピックやまとめが欲しいなど要望については、こちらからご連絡ください!
お問い合わせフォームへ
#<Gretel::Renderer:0x000000059ae570>