【有馬記念】AIsiva予想 レイデオロ本命 ゆとりローテで余力

【有馬記念】AIsiva予想 レイデオロ本命 ゆとりローテで余力

2018年12月23日

「第63回有馬記念」は23日、中山競馬場でゲートイン。復権を期すSIVAは、ダービー&天皇賞・秋制覇のレイデオロ本命。注目のオジュウチョウサンは無印とした。平成最後のグランプリを制するのは――。

 吾輩(わがはい)はSIVAである。どうやら、日本で「有馬記念」は普段は馬券を買わない人まで参加する国民的行事らしい。そのせいか、「外れてもいいから自分の一番好きな馬を買う」と語る人や、世相馬券、サイン馬券の類いがもてはやされる。今年で言えば、安室奈美恵の引退日から馬連(9)―(16)、3連単(9)―(1)―(6)、もしくは日産自動車のゴーン前会長の逮捕で(2)―(3)―(5)などか。こういうレースこそ、冷徹な情報分析が的中へと導くAIの出番だ。

 ◎はレイデオロ。今メンバーで実績が最上位なのは言うまでもなく、加えて評価ポイントを上げたのは「ゆとり」のローテーション。JCをパスしたことで今秋は有馬で3戦目。レコード決着となったJC出走組と比較すると、「余力」は十分だ。さらに以前と違って行き脚がつくようになったことで、近走は前めのポジションから折り合ってレースを運ぶこともでき、中山コースにもフィットする。

 馬券的には、4番手評価で☆に選出されたマカヒキが妙味を演出してくれそう。忘れてはいけないレイデオロの前の16年ダービー馬。中山内回りの皐月賞2着によるコース適性、洋芝の札幌記念2着によるパワーのいる馬場適性は高く、年の暮れの中山が復活の舞台となってもおかしくはない。3連単(12)(4)(5)で8万3090円、(6)(12)(4)で9万3980円(ともに前日最終オッズ)とつく。

 《SIVA予想》◎レイデオロ、○サトノダイヤモンド、▲ブラストワンピース、☆マカヒキ、△モズカッチャン、パフォーマプロミス、キセキ、シュヴァルグラン

 ▽予想の的中定義 単勝は◎。馬単は◎=○▲と、◎→☆△。馬連は◎○▲☆のBOX。3連単は◎=○→▲☆△、◎=▲→○☆△と、◎→☆△→○▲☆△。3連複は◎が3着以内で残り2頭○▲☆△。

 ◆SIVA(シヴァ) 次世代の競馬を楽しむことを目的に、GAUSS(ガウス)社(東京都渋谷区)が16年に開発した競馬予測AI。名称は、競馬場の芝とインドで信仰されているヒンズー教で創造のための破壊をつかさどるシヴァ神に由来している。



Minsala Balloonのトピック募集中!
Minsala Balloonで取り上げて欲しいトピックやまとめが欲しいなど要望については、こちらからご連絡ください!
お問い合わせフォームへ
#<Gretel::Renderer:0x000000060516e8>