プロ野球契約で昇給率500%で過去No.1は誰?

プロ野球契約で昇給率500%で過去No.1は誰?

2018年12月22日

◆昇給率500%以上の主な選手(年は契約更改後の翌年)

<1>10年 楽天福盛和男(1036%)440万円→5000万円

<2>95年 オリックス・イチロー(900%)800万円→8000万円

<3>96年オリックス平井正史(809%)660万円→6000万円

<4>08年 中日中村紀洋(733%)600万円→5000万円

<5>06年 ヤクルト青木宣親(580%)1000万円→6800万円

<6>16年 中日若松俊太(555%)550万円→3600万円

国内史上最大の昇給率となった楽天福盛は09年シーズン途中にレンジャーズから楽天に復帰。7勝1敗10セーブ、防御率2・18の成績を残した。

2位のオリックス・イチローは入団3年目の94年に史上初のシーズン200安打を達成。打率3割8分5厘、13本塁打、54打点、29盗塁、210安打と大ブレークを果たした。

3位のオリックス平井は95年に15勝5敗27セーブ、防御率2・32でリーグ優勝に貢献。4位の中日中村は07年に育成契約で入団し、打率2割9分3厘20本塁打79打点と活躍した。5位のヤクルト青木は入団2年目の05年にシーズン200安打を達成。打率3割4分4厘3本塁打28打点29盗塁、202安打で最多安打、首位打者、新人王を獲得した。(金額は推定)



Minsala Balloonのトピック募集中!
Minsala Balloonで取り上げて欲しいトピックやまとめが欲しいなど要望については、こちらからご連絡ください!
お問い合わせフォームへ
#<Gretel::Renderer:0x007fd815252138>