南極の氷消失、1992年以降3兆トン、南極大陸の氷によって地球の海岸線が一変する可能性

南極の氷消失、1992年以降3兆トン、南極大陸の氷によって地球の海岸線が一変する可能性

2018年6月16日

南極の氷消失、1992年以降3兆トン

南極では1992年以降、3兆トンに及ぶ膨大な量の氷が消失したとする画期的な研究結果が13日、発表された。地球温暖化の進行に歯止めがかからなければ、南極大陸の氷によって地球の海岸線が一変する可能性があることを、今回の結果は示唆しているという。

科学者84人からなる国際研究チームが英科学誌ネイチャー(Nature)に発表した論文によると、氷の消失の5分の2は最近5年間に発生したもので、厚さ数キロの南極氷床の消失速度がこの間に3倍に加速したという。
(以下略)

※全文はソース元で
「南極大陸は現在、過去25年間で最も速いペースで海面上昇を引き起こしている」(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3178551?cx_part=top_latest

所詮でかい氷ってイメージでオッケー?(>.

Minsala Balloonのトピック募集中!
Minsala Balloonで取り上げて欲しいトピックやまとめが欲しいなど要望については、こちらからご連絡ください!
お問い合わせフォームへ
#<Gretel::Renderer:0x00000007534740>