転職で本当に年収増してる?額面と手取りの差をチェック方法とは

転職で本当に年収増してる?額面と手取りの差をチェック方法とは

2018年6月15日

皆さんが転職をするなら、「欲しい年収」をどのように計算しすか?「今の月給より2万円くらい多いとうれしいな」などといった、「なんとなくの希望額」ではイケマセンよ。キャリアアップを実現しつつ、転職後の生活をよりよいものにするためには、戦略的に希望年収を算出することが大事です。

 手順は次の通り。まず、「支出に回るお金」+「貯蓄したいお金」の合計額を「年間」で求めます。

 例えば、年間支出額が230万円で、転職後に貯蓄したい額が年間80万円だとすると、合わせて310万円のお金が必要ということ。

 でも、この310万円は「手取り」であって、いわゆる「年収(額面年収)」ではありません。手取り年収は、額面年収から所得税・住民税、社会保険料を差し引いたものです。

 転職先企業と条件交渉をするときには、「額面」で話をするのが一般的。ですから、「欲しい手取り年収」だけではなく、「額面年収」も導き出さなくてはいけないのです。

 手取り年収の計算はなかなか面倒なので、私のほうでいくつかの例を出しますね。

【額面年収→手取り年収】350万円→279万円400万円→317万円450万円→354万円500万円→390万円※いずれも40歳未満で税務上の扶養家族がいないケース

 例に挙げた年収帯だと、手取りは額面に対して78~80%くらいです。年収が高くなると、所得税の税率がアップするので、手取りの割合は小さくなります。

■年間で自分がいくら使っているのか把握しよう

写真:NIKKEI STYLE

 前述の「支出額が230万円で、80万円くらい貯蓄したい」ケースなら、必要な手取り額は310万円。額面年収だと400万円です。手取りと額面の差は大きいですね。

 自分のリアルな生活に基づいた「欲しい手取り額」と、そこから算出した「額面」の両方で考えておくのが「戦略的希望年収」の把握方法です。転職後に「貯めたい額」をあらかじめ折り込んでおくのがキモです。

 そもそも多くの人は、暮らしていくのに必要な支出額を「月単位」で分かっていても、「年単位」で考えていないものです。年間支出額とは、1カ月の支出を12倍した額に、帰省費用、冠婚葬祭費、旅行費用など「1年を通じて数回発生する支出」を足したものです。

 転職を機会に年間支出額を振り返ってみるといいでしょう。書き出してみると、ムダな支出を発見できて、一石二鳥ですよ。

 収入アップしたいなと思っている人は、今より年収水準の高い会社に転職することで実現できます。この絶好のチャンスを逃さないで!

引用元https://style.nikkei.com/article/DGXMZO31537900Y8A600C1000000?channel=DF090220166680

Minsala Balloonのトピック募集中!
Minsala Balloonで取り上げて欲しいトピックやまとめが欲しいなど要望については、こちらからご連絡ください!
お問い合わせフォームへ
#<Gretel::Renderer:0x007fa1915c5aa0>