西武と巨人の金銭格差明かす 西武は1試合20万、巨人は250万

2018年11月25日

大久保氏が在籍当時の西武では、活躍した選手に支払われる賞金総額が1試合につき20万円。それ以外に、1軍ベンチに入っているだけで1勝につき2千円の勝利給が支給され、10勝ごとに2万円を現金で受け取っていた。ところが巨人の賞金システムは、球団から1試合につき100万円。テレビ局からも150万円が出ており、総額250万円と桁違いだったという。

 他にも、先発投手が完封勝利をマークした場合、捕手にも「完封賞」として5万円が支給されたと告白。大量リードで白星をほぼ確実としている先発投手に対して「完封で5万円が入ってくるのでお願いします」と、マウンドで“全力投球”をお願いすることもあったと明かした。
 さらに、テレビ局からの賞金が小切手で支給されることと「金の延べ棒がついてきた」ことも暴露。ある時、500グラム程度の「金」を受け取った大久保氏は、それを現金に換えたところ「50万円くらい」になったという。

Minsala Balloonのトピック募集中!
Minsala Balloonで取り上げて欲しいトピックやまとめが欲しいなど要望については、こちらからご連絡ください!
お問い合わせフォームへ
#<Gretel::Renderer:0x00000007e02228>