高級ダウン「カナダグース」が今年もバ カ売れ なぜ大人気なのか

高級ダウン「カナダグース」が今年もバ カ売れ なぜ大人気なのか

Qetovmrr4d8v5uzc48pn
2018年11月4日

冬シーズンに向けて、今年もよく売れている人気高級ダウンジャケットがある。「カナダグース」だ。購入層は男女とも主に20~40代。税込みで10万円前後するが、まだ11月初旬にもかかわらず、どの取扱店でも入荷済みの定番商品はほぼ完売し、極端な品薄状態が続いている。

伊勢丹新宿店では、今年からカナダグースの販売方法を変更。店頭入荷する商品をあらかじめサイトで告知し、購入希望者は指定の
デジタルチケットサービスで入場順を事前に抽選する形に変えた。昨年以上に問い合わせが多く、店頭での混乱を避けるためだという。それほどまでに人気のカナダグースとは一体、どんなブランドなのか。

約60年前にトロントで創業したカナダグースは、北極・南極圏で活動する冒険家や観測隊、寒冷地での映画撮影スタッフなどにダウン衣料を提供してきた会社だ。同社のダウンジャケットはやや堅めの丈夫な生地と防寒性の高さが特徴で、軽さやシルエットを重視した
ヨーロッパブランドのファッション系ダウンとは見た目も作りも大きく異なる。

日本企画のモデルで人気に火が付く

日本で人気に火が付いたのは比較的に最近のこと。日本で着るには暑く、サイズも大きすぎるとして、以前はあまり売れていなかった。そこで当時の国内代理店が本国に掛け合い、ダウン量を減らし身幅も細くした日本企画のモデルを2012年に発売。この「ジャスパー」と呼ばれるミドル丈の男性用モデルが人気となったうえ、アジア人の体型に合わせたモデルの展開も始まると、
さらに日本での販売が伸び始めた。

カナダグースは2013年に米投資会社・ベインキャピタルの出資を受け、昨年春にはニューヨークとトロントの株式市場に上場を果たした。11月1日時点での時価総額(円換算後)は約6850億円と直近の年商の10倍以上に達しており、投資家たちからも高い注目を集めていることがうかがえる。

全文
https://toyokeizai.net/articles/-/247265

Minsala Balloonのトピック募集中!
Minsala Balloonで取り上げて欲しいトピックやまとめが欲しいなど要望については、こちらからご連絡ください!
お問い合わせフォームへ
#<Gretel::Renderer:0x00000006cdbb20>