働き方改革の課題「さぼり」「働き過ぎ」を防ぎ、「時間あたりの生産性」も向上! 勤務管理ツール『F-Chair+』が「隠れ勤務防止」機能を追加

働き方改革の課題「さぼり」「働き過ぎ」を防ぎ、「時間あたりの生産性」も向上! 勤務管理ツール『F-Chair+』が「隠れ勤務防止」機能を追加

2018年10月31日

株式会社テレワークマネジメントは、柔軟な働き方に対応した勤務管理ツール「F-Chair+」(エフチェア・プラス)を開発、販売している。
今回、F-Chair+の機能に「隠れ勤務防止」機能を追加したとのこと。

【企業における「働き方改革」が本格化】
本年6月「働き方改革関連法案」が成立し、企業が「働き方改革」に本格的に動く中、
テレワークやフレックスタイム制などの柔軟な働き方が注目されている。

一方で、離れた場所で働くと「さぼる」社員が増え、生産性が下がるのではないか、
また管理の目が届きにくいため「過剰労働」も懸念されているのも事実。

このため、昨年改定された厚生労働省のテレワークガイドラインでも
「パソコンの使用時間の記録等の客観的な記録」や「長時間労働による健康障害防止」を図ることが求められています。

F-Chair+は、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方を可能とする、
「働き方改革」を適切に進めるための勤務管理ツール。

働き方改革のニーズが高まり、ユーザーは1万人を突破したとのこと。
一般的な「タイムカード」は、「出社」「退社」の時間のみを記録するが、
F-Chair+では、「着席」「退席」ボタンにより、
「中抜け」「シフト勤務」「在宅勤務」など、
柔軟な働き方に対応して労働時間を把握することができるようだ。

これにより、自宅やサテライトオフィス、移動中など、離れた場所で柔軟に働く「テレワーク」でも、
細切れの時間を管理することで、オフィス勤務時と同様の「労働時間制」のまま、勤務することを実現した。

====================================================-
こういった目に見えない部分を可視化してくれるツールは現代にとっては非常に有益ですよね。

Minsala Balloonのトピック募集中!
Minsala Balloonで取り上げて欲しいトピックやまとめが欲しいなど要望については、こちらからご連絡ください!
お問い合わせフォームへ
#<Gretel::Renderer:0x007fa19495ea60>