レアル大不振の原因はやはり…元会長「9年間で450Gを挙げた男の代わりなんていない」

レアル大不振の原因はやはり…元会長「9年間で450Gを挙げた男の代わりなんていない」

2018年10月28日

レアル・マドリーの大不振は、やはりあの男の売却が主な原因なのだろうか。元会長ラモン・カルデロン氏が、『Goal』に語ってくれた。

リーガ第6節のセビージャ戦を0-3で落とすと、そこから6試合勝ちなし。1分5敗と大不振に陥ったロペテギ・マドリー。さらに、1985年に記録した公式戦の無得点記録を38年ぶりに更新。481分(8時間1分)間ノーゴールと、100年以上に及ぶクラブ史の中でワースト記録を樹立してしまった。

カルデロン氏は、現在の状況は今夏クリスティアーノ・ロナウドをユヴェントスへ売却したことが原因だと考えている。

「現在のこの状況は、クリスティアーノ・ロナウドの売却が主な原因だ。9年間で450ゴールを挙げた男の代わりなんていない(※編注:通算438試合451ゴール)。レアル・マドリーにこのクオリティが欠けていることは明らかだ」

「彼はスコアラー以上の存在だった。バルセロナでのリオネル・メッシのように、クラブをその肩に背負っていた。チームに問題があるときには、その問題を解決できるリーダーを探すものだ。今のレアル・マドリーには、そのようなリーダー、主人公はいない

また、C・ロナウドとフロレンティーノ・ペレス会長の関係についても言及。2009年にレアル移籍を果たした同選手だが、移籍当初から会長とは良い関係ではなかったという。

「クリスティアーノは、会長との最初の日から難しい時間を過ごしていた」

「(C・ロナウドは)“彼の選手”ではなかった。私の時代の最終年に、マンチェスター・ユナイテッドと合意した。もしペレスがいたら、移籍はストップしていただろう。なぜならそれは私が契約したものであり、彼の移籍ではない」

GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181028-00000007-goal-socc

代わりはいないからなぁ

Minsala Balloonのトピック募集中!
Minsala Balloonで取り上げて欲しいトピックやまとめが欲しいなど要望については、こちらからご連絡ください!
お問い合わせフォームへ
#<Gretel::Renderer:0x00000008532160>