macOSに危険な脆弱性が発見される

macOSに危険な脆弱性が発見される

2018年10月9日

アプリ開発の専門家、トーマス・リード氏は、Macオペレーティングシステム(macOS)の危険な脆弱性を発見

脆弱性は、macOSのファイルスの検証機能に関係している。リード氏は、インストールされたアプリは、ユーザーがダウンロードしたアプリとは異なり、セキュリティシステムによって検証されていないことを発見した。インストール後、プログラムは信頼できるリストに入り、再検証されることはほとんどない。攻撃者は、すでに機能しているアプリに悪質なコードを挿入するだけで十分となる。

リード氏によると、この脆弱性を利用するのは非常に簡単。同氏は「コードサイニングの検証を一切呼び起こさずに、すでにシステムにインストールされている公式アプリを簡単に乗っ取ることが可能だ。最悪なのは、ほとんどの開発者がこのことを知らず、独自の検証を追加していないことだ」と指摘した。

リード氏は、そのため多数のアプリケーションが危険にさらされている可能性があるとの見方を示している。なお、macOSシステム自体は適切に機能しているため、頻繁に再検証を行う可能性を追加すれば、ソフトウェアの開発者自身がこの脆弱性を修正することができるという。

Minsala Balloonのトピック募集中!
Minsala Balloonで取り上げて欲しいトピックやまとめが欲しいなど要望については、こちらからご連絡ください!
お問い合わせフォームへ
#<Gretel::Renderer:0x007fa1951b7a90>