【経済】大企業の人手不足感 26年半ぶりの深刻さに 日銀短観

【経済】大企業の人手不足感 26年半ぶりの深刻さに 日銀短観

2018年10月3日

確かに、周りでも人材の確保合戦が激しい気がする。
新卒とゆうよりも、中途の即戦力を欲している模様。

日銀が1日に発表した短観=企業短期経済観測調査では、大企業の人手不足感がおよそ26年半ぶりの水準まで高まっていて、企業にとって働き手の確保という課題が深刻さを増しています。

日銀の短観では企業に対して従業員の数が「過剰」か「不足」かを尋ねて指数化していて、マイナス幅が大きいほど人手不足だと感じる企業が多いことを示しています。

今回の短観では「大企業」の指数がマイナス23ポイントと、マイナス幅が前回より2ポイント拡大し、人手不足感が平成4年2月の調査以来、およそ26年半ぶりの水準に高まりました。

また「中小企業」もマイナス幅が前回より2ポイント拡大して、マイナス37ポイントとなり、働き手の確保という課題が深刻さを増しています。

一方、併せて調査している企業の設備投資の計画は、今年度、製造業が前の年度の実績と比べプラス16.5%、非製造業がプラス4%といずれも投資を増やす計画です。

日銀は、設備投資の計画は高い水準が続いているとみていて、その背景に人手不足を補うために企業が工場の自動化などの投資を積極的に行おうとしていることもあるとしています。

参照:
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181002/k10011654151000.html

=====================
人手不足とともに、コスト削減で
RPAの導入希望が目立っている気がします。

人材、というパイも当たり前ですが縮小傾向にあるんですね。
外国人の雇用を増やしているフリマアプリの大手会社もありますし、
外国人労働者との向き合い方を考えていかないといけません。

Minsala Balloonのトピック募集中!
Minsala Balloonで取り上げて欲しいトピックやまとめが欲しいなど要望については、こちらからご連絡ください!
お問い合わせフォームへ
#<Gretel::Renderer:0x007fa180a00658>