【加熱式タバコ】健康被害は低減できているのか 信頼できる機関からの検証は

【加熱式タバコ】健康被害は低減できているのか 信頼できる機関からの検証は

2018年9月19日

加熱式たばこが研究開発されている現場を実際に目で確かめようと、スイスにあるフィリップモリス・インターナショナル(PMI)の研究開発施設に赴いた。

ニコチンは喫煙で発生する発がん性物質などの有害物質とは比較にならないほど、その毒性は弱いと科学的に判断されているという。

 ではニコチンが喫煙によって引き起こされる病気の主要因ではないとしたら、何が要因なのか。

 「喫煙による有害物質のほとんどは、燃焼によって発生する化学物質です。そのことは以前から専門家の間で指摘されていました」

 「キューブで行われているのは『ヒート・ノット・バーン』、燃やさず加熱する技術の研究開発なのです」

=====================
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/54113?page=4

Minsala Balloonのトピック募集中!
Minsala Balloonで取り上げて欲しいトピックやまとめが欲しいなど要望については、こちらからご連絡ください!
お問い合わせフォームへ
#<Gretel::Renderer:0x007fa191221228>