韓国で致死率20%オーバーのウイルスが拡散中

2018年9月13日

韓国で重い肺炎などを引き起こすMERSコロナウイルスの感染が3年ぶりに確認され、
韓国政府は、20人余りを隔離するとともに感染症の警戒レベルを引き上げるなど、
感染の拡大防止に努めています。

韓国政府の発表によりますと、中東のクウェートからUAE=アラブ首長国連邦を経由して
7日に帰国した60代の男性が、下痢の症状が見られたため病院で詳しい検査を受けた結果、
重い肺炎などを引き起こすMERSコロナウイルスに感染していることが確認されたということです。

韓国政府は、この男性に加え、接触があった家族や同じ飛行機の乗客など
22人を隔離するとともに、感染症への警戒レベルを4段階のうち下から2番目の「注意」に引き上げました。

そして、9日午後、関係閣僚を集めて緊急の対策会議が開かれ、イ・ナギョン(李洛淵)首相は、緊張感を持ってあらゆる事態に備えるよう指示しました。

韓国では2015年、中東から帰国した男性からMERSコロナウイルスの感染が拡大し、186人の感染が確認され、このうち38人が死亡しています。

当時は、多いときでおよそ6700人が隔離の対象となったほか、外国からの観光客が激減して経済的にも大きな打撃を受けました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180909/k10011620751000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

Minsala Balloonのトピック募集中!
Minsala Balloonで取り上げて欲しいトピックやまとめが欲しいなど要望については、こちらからご連絡ください!
お問い合わせフォームへ
#<Gretel::Renderer:0x00000001b1b998>