【FX】店頭FX(外国為替証拠金取引) レバレッジ上限を現在の25倍から10倍へと引き下げる!?

【FX】店頭FX(外国為替証拠金取引) レバレッジ上限を現在の25倍から10倍へと引き下げる!?

2018年9月10日

 日本のFX取引の市場規模は2016年度には5,000兆円程度まで拡大していいます。
類似する金融取引と比べても最大の取引高となったようです。

 店頭FX業者のリスク管理が不十分なままだと、
投資家やカバー取引先(FX業者がリスク回避のため、他の金融機関に対して行うこと)
に大きな影響が起こりえる可能性があります。
 これはサブプライムなど大きな問題が発生した際に、
業者・取引者ともに共倒れする危険性があるのです。

さら、その先の外国為替市場や金融システムにも影響を及ぼす可能性がある、
という問題意識が金融庁であったようです。

レバレッジ規制強化案は、こういった背景があることから
市場関係者の注目を集めることとなったのです。

しかしFX業者トップがこの検討に対して反論を示しました。


「どんなリスクを懸念するのか、今そのために何が不足しているのか、といった見極めを出発点として、他の業界や、ある程度性格を一にする金融商品等に対する規制とバランスをとる形での議論をお願いしたい」


「店頭FX取引ではレバレッジが10倍を超える取引が大半で、仮にレバレッジ規制が強化されれば、マーケットへのインパクトは極めて大きい」


「レバレッジや未収金額も他のオプション取引の方が多く、店頭FX取引に過度なリスクがあるという実感はない」

主要業者からの反論や反対意見が多くなり
結局は引き下げは見送りとなったようです。

Minsala Balloonのトピック募集中!
Minsala Balloonで取り上げて欲しいトピックやまとめが欲しいなど要望については、こちらからご連絡ください!
お問い合わせフォームへ
#<Gretel::Renderer:0x000000050ee228>