根尾、藤原、小園の弱点とは

根尾、藤原、小園の弱点とは

H3yrhwtb0ziux1xz1wbh
2018年9月3日

彼らに課題や欠点がないわけではない。

 まずは根尾。「強いて言えば足と打撃だね」と、在京球団のスカウトがこう続ける。

「センターオーバーの三塁打を放ったように走るのは遅くないけど、小園や藤原と比べると物足りない。走力というか、脚力自体が少し弱い気がするんだ。打つときに足元で踏ん張る力、打って走り出すときに地面を蹴る力がもう少しあってもいい。打撃はテークバックかな。始動するときにバットが若干、背中の方に入る。つまりボールを直線距離でとらえるのではなく、バットが遠回りしているのです」

 小園については「打撃に関しては小力もあって言うことはないが、問題があるとすれば肩とスローイングかな」とは、前出のスカウト。

 小園といえば広い守備範囲が売り。守備位置は内外野の境目あたり、高校生にしてはかなり深いことで知られるが、

「深く守っている割に肩はそれほどではない。広い守備範囲をカバーしているのは彼の足です。あとはスローイングでしょう。捕球してから投げるまでは速いが、投げるときに下半身をうまく使えていないのです」

■藤原は膝痛が厄介

 藤原はどうか。在阪球団のスカウトは「打撃と膝の故障が気になる」と言う。

「打つときにかかと体重になるケースが多い。そうなると左腕の外角に逃げていくスライダーに対応できない。日本ハムに入った清宮も、この傾向があった。あとは春先に痛めたという膝かな。膝は体を動かすときにキーとなる場所。成長痛の類いならともかく、高校時代に膝を痛めていると後々、厄介です」

 U18日本代表は29日、明大と練習試合を行って4―4の引き分け。藤原は1番で出場して3打数1安打、小園は3番で4打数2安打、根尾は4番で出場して3打数1安打だった。

 吉田輝星はナインとともにアップを行った後、室内練習場へ。ブルペンで投げ込みを行い、「疲れはだいぶ取れてきています」と話した。

 なお、東京での合宿はこの日で終了。30日からは宮崎で汗を流し、9月3日からのアジア選手権に備えて調整する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00000008-nkgendai-base



Minsala Balloonのトピック募集中!
Minsala Balloonで取り上げて欲しいトピックやまとめが欲しいなど要望については、こちらからご連絡ください!
お問い合わせフォームへ
#<Gretel::Renderer:0x000000053ce7e0>