iQOS(アイコス)から青酸に変化する恐れのある物質を検出したと日本の学会が発表

iQOS(アイコス)から青酸に変化する恐れのある物質を検出したと日本の学会が発表

2018年8月26日

これは「灯台もと暗し」ならぬ、「アイコス(iQOS)もと臭し」とでも言うべき話題だろうか。
昔から「火のない所に煙は立たぬ」とはいうものの、火を使わない加熱式たばこの代名詞的製品であるアイコスに、
先日「煙(噂)」の域どころか深刻で具体的な「緊急警告」が突き付けられた。

 しかも、日本禁煙学会の松崎道幸・理事と作田学・理事長の連名で発せられた件の「緊急警告」。
警告先を、愛煙家でも知られる財務大臣・麻生太郎様、厚生労働大臣・加藤勝信様と、
両名を名指ししている点でも各方面への飛び火は必至だろう。

 注目の警告文の1行目にはこう書かれている。

 《アイコスは、青酸に変化する恐れのあるフォルムアルデヒドシアンヒドリンを発生することが確認されました。》

 「青酸」とは「シアン化水素の水溶液(シアン化水素酸)」のことだが、その二文字から「青酸カリ」や「青酸中毒」、
あるいは1995年にオウム真理教が駅構内の地下トイレに仕掛けた「新宿駅青酸ガス事件」を思い出された方もいるだろう。

問題は細部に宿っていた。
 閑話休題。
問題は、先行者利益をほしいままに得て、今や国内加熱式市場の約7割までを占めているといわれる
アイコスの細部(フィルター部分)に宿っていた。警告が問題点を指摘する。

 《アイコスのフィルターには、350度近くに加熱されたエアロゾルを冷やすために、
ポリマーフィルターが使われています。
このポリマーフィルターが90℃に加熱されると、
青酸に変化する恐れのあるフォルムアルデヒドシアンヒドリンを発生することが確認されました。》

iQOS(アイコス)から有害物質? 日本禁煙学会が緊急警告、唯一の対策とは
https://wezz-y.com/archives/57758

禁煙だ!

Minsala Balloonのトピック募集中!
Minsala Balloonで取り上げて欲しいトピックやまとめが欲しいなど要望については、こちらからご連絡ください!
お問い合わせフォームへ
#<Gretel::Renderer:0x00000007542638>