【FX】スワップポイント目的のトルコリラ急落、更に大損の投資家

【FX】スワップポイント目的のトルコリラ急落、更に大損の投資家

2018年8月14日

日本の投資家の関心の高い高金利通貨の代表格の1つ、
トルコリラの下落はどこで止まるのでしょうか。

トルコリラは前週末の8月10日、対米ドルや対円で前日比一時20%以上下落。

13日に入っても過去最安値を更新。
日本人投資家が主に手がけている対円相場でも、
1トルコリラ=15円台まで急落する場面がありました。

まずはトルコリラが急落した背景を簡単に見てみましょう。
8月10日「欧州の大手銀行のトルコ向け債権に対する懸念を強めている」という
ECB(欧州中央銀行)関係者の発言が報じられたことで、
投資家の不安が高まったことがあげられます。

また同日、アメリカのドナルド・トランプ大統領は、

「われわれとトルコの関係は現在よくない!」とツイート。

トルコから輸入する鉄鋼とアルミニウムにそれぞれ50%、20%の追加関税を課すと
表明しました。

一方、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は同日、
国民への演説で

「枕の下のドル、ユーロ、金を銀行でリラに両替すべきだ」

「ドルがわれわれの道を阻むことはできない。心配無用」と述べ、

対米強硬姿勢を強める発言をしました。

こうしたやりとりなどから、かつてのギリシャ危機のように「トルコ発の信用不安」
が懸念され、アメリカとトルコの対立に落としどころが見えないことなども
嫌気され、トルコリラ安が一気に進む形となったわけです。

参照:
https://toyokeizai.net/articles/amp/233445?display=b&amp_event=read-body

=====================
スワップポイントで旨味があると思いましたが、為替はこれがありますからね。

Minsala Balloonのトピック募集中!
Minsala Balloonで取り上げて欲しいトピックやまとめが欲しいなど要望については、こちらからご連絡ください!
お問い合わせフォームへ
#<Gretel::Renderer:0x000000077a81c0>