【BBQ】食中毒や溺死に殺人の危険性も 夏の「バーベキュー」に潜む数々のリスク

【BBQ】食中毒や溺死に殺人の危険性も 夏の「バーベキュー」に潜む数々のリスク

Ih26vhxvraoy3gsxv0qk
2018年8月7日

《BBQコスパコーデ》《お取り寄せの名品BBQグッズ10選》《有名シェフたちが提案するBBQお手軽レシピ》──

 連日の猛暑をものともせず、雑誌を開けばそんな特集が目白押しだ。

 待ちに待った夏休み、ママタレたちもこぞって子供たちと屋外に繰り出した。神田うの(43才)がブログで《娘の学校のママ友にお誘い頂きママ達と子供達とBBQ》(7月6日)とハワイでの優雅な様子を綴れば、渡辺美奈代(48才)も愛犬や子供たちとともに屋外で肉を焼く写真をアップする。

 芸能界も巻き込むこの夏の一大レジャーに“待った”をかけるのは、農業・食品ジャーナリストの石堂徹生さんだ。

「バーベキューが行われる場所は、食中毒を招く細菌が増殖するのに、非常に都合のいい環境が整っています。細菌は肉に含まれる動物性たんぱく質が大好物です。そのうえ、夏の日中の外気温は30~40℃くらいで湿度も高い。細菌はこのような状況で最も活発に増殖します。高温多湿の猛暑のなか、屋外での調理はリスクが高い」

 室内のキッチンのように、衛生的に料理をするための環境が整っていないのも問題だ。

「屋外では野菜などの食材を洗うのもぞんざいになりがちで、そもそも洗う水がきれいかどうかわかりません。トングや菜箸をこまめに洗えないので、生の肉を掴んだものを使い回して、焼き上がりの肉を持って口に入れてしまうことも多い。炭火焼きのバーベキューコンロでは、均一に火が通りにくいので、“生焼け”で肉を食べてしまう危険性もあります。

 必需品のクーラーボックスも実は危険。氷や保冷剤と一緒に入れてあるからといっても、炎天下で何度も開け閉めすれば、当然、内部の温度は徐々に上がり、やはり細菌が増えます」(石堂さん)

※省略

 食べ物のリスクだけではない。この7月、神戸の自宅の庭でBBQをしていた女性に、隣に住む女が掴みかかって押し倒し、けがを負わせる事件が起きた。容疑者は動機について「自宅から道路にはみ出してバーベキューをしていたことにがまんの限界がきた」と話しているという。

 また、2017年は岐阜県で自宅の庭でBBQをしていた男性が、隣家の男に腹部を刃物で刺されて死亡した。男は、「近所がうるさい」といった相談を警察に複数回していたという。

 過去には、男女グループでBBQをしていた男子高校生2人が川に転落し、1人が死亡する事故や、酩酊して海に入った男性が溺死する事故も起きている。

 BBQをするならば、食中毒と熱中症に警戒したうえで、周囲の人に気を配り、事故に留意しなければならないということだろう。

NEWSポストセブン
http://news.livedoor.com/article/detail/15122799/

=====================
飲酒とBBQと水辺は最悪の組み合わせかもしれませんね。

Minsala Balloonのトピック募集中!
Minsala Balloonで取り上げて欲しいトピックやまとめが欲しいなど要望については、こちらからご連絡ください!
お問い合わせフォームへ
#<Gretel::Renderer:0x00000007182980>