【台風12号】異例の進路

Zg18iwmxmkr9keqawoe2
2018年7月28日

28日午後にも関東に接近

強い台風12号は27日、発達しながら日本の南海上を北上した。

28日午後にも関東に接近し、その後西寄りに進路を大きく変え、
29日明け方までに東海か近畿付近に上陸する見込み。

今後、西日本豪雨の被災地を含め広範囲で非常に激しい雨が降る恐れがあり、
気象庁は警戒を呼びかけている。

日本列島を横断するように西寄りに進路をとるのは極めて異例

気象庁によると、例年、夏場は東へ進む台風が、日本列島を横断するように西寄りに進路をとるのは極めて異例。

東海沖にある寒冷低気圧が西に移動することなどが影響している。
台風12号は27日午後9時現在、小笠原諸島付近を時速約35キロで北北東に進んでいる。
中心気圧は965ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は40メートル、
最大瞬間風速は55メートル。

29日午前0時までの24時間予想雨量は、多いところで、関東甲信・東海400ミリ▽東北・近畿120ミリ。

参照:
https://mainichi.jp/articles/20180728/ddm/001/040/155000c

=====================
最大限の警戒と、備えを忘れないようにしてください。

Minsala Balloonのトピック募集中!
Minsala Balloonで取り上げて欲しいトピックやまとめが欲しいなど要望については、こちらからご連絡ください!
お問い合わせフォームへ
#<Gretel::Renderer:0x007fd85d2224b8>