大塚家具「銀座本店の家賃下げろ」三井不動産「は?家賃引き上げな」

大塚家具「銀座本店の家賃下げろ」三井不動産「は?家賃引き上げな」

2018年7月25日

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180724-00545469-shincho-bus_all

使うごとに味わいが増す代わりに、骨肉の争いが思い出される家具なんて。そう思う人が多いのは容易に想像がつく。
結果、大塚家具の台所は火の車。銀座本店の家賃が払えず、かぐや姫こと大塚久美子社長(50)は、都落ち目前だとか。

 ***

貧すれば鈍すと言うけれど、賃借している本店にドンと構えている余裕は、もはやないようだ。

「大塚家具は3月、10階建ての銀座本店の貸主、三井不動産を相手に、月額9600万円の家賃を7600万円に減額するように求める確認訴訟を起こした。
すると翌月、三井側が1億320万円への引き上げを求め、反訴したのです」(不動産業界の関係者)

ここに至った経緯は、裁判資料によれば概ねこうだ。

大塚家具が三井不動産との間に、銀座本店の基本協定書を結んだのは2008年7月。
引き渡しが10年9月で、翌10月にオープンしたが、その2年間に大きな出来事があった。久美子氏の社長就任と、リーマンショックである。

久美子社長側は13年、三井不動産に家賃改定を申し出た。リーマンショック以前に決められた家賃は高すぎる、という理屈である。
だが、受け入れられず、その後も重ねての要求が受け入れられない。17年には減額を求めて調停が始まったがまとまらず、訴訟と相成った、というわけ。

なりふり構わぬ姿勢が、大塚家具の台所事情の反映であるのは言うまでもない。経済部記者が言う。

一億近い家賃!
すごい!



Minsala Balloonのトピック募集中!
Minsala Balloonで取り上げて欲しいトピックやまとめが欲しいなど要望については、こちらからご連絡ください!
お問い合わせフォームへ
#<Gretel::Renderer:0x007fd8159aed00>