西野監督に10億円!中国クラブのオファーが“ケタ違い”!?

2018年7月11日

W杯16強で評価急上昇 西野氏に中国クラブがメガオファーか

 日本代表次期監督に東京五輪男子代表の森保一監督(49)が再浮上だそうである。

 10日に日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)がW杯ロシア大会視察のために渡欧。
有力候補に挙がっていたドイツ代表前監督のユルゲン・クリンスマン氏(53)について、「99%ない。どっから出てきたの? 寝耳に水という感じ」と真っ向否定したことで、
スポーツマスコミは「やっぱり森保か」と節操なく書き立てている。就任すれば2020年東京五輪代表監督との兼任になる。

 次期監督選びが混迷する中、今月限りで退任する西野朗監督(63)はウハウハだ。
日本を16強に導き、知名度と評価が急上昇。中国の複数クラブが興味を示し、年俸は5億~10億円というからビックリだ。

 中国スーパーリーグの金満ぶりは世界トップクラス。例えば広州恒大を率いる元イタリア代表DFのカンナバーロ監督は、44歳の若さで年俸約15億円という厚遇である。

 昨年、中国のクラブが英プレミアリーグのニューカッスルを指揮するベニテス監督を「年俸42億円の巨額オファーで引き抜きを画策」と英紙などが報じた。
実現したら、指揮官として世界最高額の年俸となっていた。

 これが選手になると、金額はさらに跳ね上がる。17年の年俸は、上海申花の元アルゼンチンFWテベスがトップで約49億円。
18年は上海上港の元ブラジル代表MFオスカルが32億円、河北華夏の元アルゼンチンFWラベッシが30億円、上海上港の元ブラジル代表FWフッキが26億円で続く。

 世界的なスーパースターであるRマドリードのC・ロナウドでも28億円。中国リーグのベラボーさが分かる。

 元日本代表監督のザッケローニ氏も16年に年俸5億円超で北京国安の監督を務めた。アジアでの指揮経験があることが有力な材料となったという。

 西野監督には複数の日本のJクラブが招聘を検討中。復帰の可能性が高いとみられるが、Jクラブなら年俸1億円が関の山。
もし10億円のオファーが届けば、気が変わっても不思議ではない。

日刊ゲンダイDIGITAL 2018年7月11日
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/233089

バブルやねぇ(。・_・。)ノ

Minsala Balloonのトピック募集中!
Minsala Balloonで取り上げて欲しいトピックやまとめが欲しいなど要望については、こちらからご連絡ください!
お問い合わせフォームへ
#<Gretel::Renderer:0x0000000696e3e8>