アメリカ サンフランシスコでは年収1200万円でも低所得とみなされる、その理由は…

アメリカ サンフランシスコでは年収1200万円でも低所得とみなされる、その理由は…

Twhzoixh9e4nbumstr66
2018年7月2日

日本で年収1000万円は給与所得者の4%しかおらず、憧れの希望年収として扱われますが、ところ変われば事情も異なります。

格差が増大する一方のアメリカでは、国民の40%が5万円の貯金すらない(※)と報告されている一方で、なんとサンフランシスコでは年収1200万円でも「低所得」だとみなされています。

年収1,200万円あっても低所得者とみなされる謎

サンフランシスコの物価の高さときたら、他の地域の水準所得では普通の生活が成り立たなくなっているほどだとか。

特にベイエリアともなると、年収11万7400ドル(約1291万円)でも低所得とみなされています。

都会の生活では高所得でも不足するという話はよく聞きますが、さすがに低所得扱いとは驚きです。

ベイエリアの生活コストは馬鹿げているほどに高いよ。自分たちは共働きから片働きにしてコロラド州へ引っ越した。ベイエリアにいた頃の半分の所得だが、家も買えて良い生活をしている。ベイエリアにいたときはひどい2ベッドルームのアパートで貯金もできなかった。ベイエリア時代の年収は20万ドル(約2200万円)だった。

オースティン(テキサス州)のスタバの店員をしているが、サンフランシスコの会社勤務の人よりいい生活だよ。

ベイエリアの生活コストは馬鹿げているほどに高いよ。自分たちは共働きから片働きにしてコロラド州へ引っ越した。ベイエリアにいた頃の半分の所得だが、家も買えて良い生活をしている。ベイエリアにいたときはひどい2ベッドルームのアパートで貯金もできなかった。ベイエリア時代の年収は20万ドル(約2200万円)だった。

参考:
http://labaq.com/archives/51898353.html

年収が高くても、住居や生活費も比例して高いので、
生半可な所得では生活の質が低く感じるとのこと。

格差がますます広がれば、より実感していくでしょうね。

Minsala Balloonのトピック募集中!
Minsala Balloonで取り上げて欲しいトピックやまとめが欲しいなど要望については、こちらからご連絡ください!
お問い合わせフォームへ
#<Gretel::Renderer:0x000000073b0a68>