フリーランスが経費にできるもの、できないもの。違いは何?

フリーランスが経費にできるもの、できないもの。違いは何?

Qufboh9nevc2iaqt26hz
2018年6月27日

フリーランス、よく稼げそうなイメージがありますよね。
時間配分も自分の好みで変えられるし。
そんなフリーランスについて経費の仕組みの説明です。

------------------------------------------------------
フリーランスとして仕事をする以上、さまざまな出費が発生します。『すべての領収書は経費で落とせる!』といったようなタイトルの本を本屋で見かけることもありますが、本当にすべての領収書を経費で落としてもいいのでしょうか。
 
経費が増えると税金の負担は軽くなります。

というのも、「フリーランスのための確定申告の基本」でお伝えしたとおり、わかりやすく単純化した税金の計算方法は<収入-経費=所得、所得×税率=税額>だからです。

収入から差し引く経費が大きければ大きいほど所得が減り、税額は減少します。
したがって、経費はたくさんあるに越したことはありません。ただ、そこで問題となるのが、どこまでが経費の範囲に含まれるのかということです。

1.総収入金額に対応する売上原価その他その総収入金額を得るために直接要した費用

2.その年に生じた販売費、一般管理費その他業務上の費用

フリーランスとして仕事をする以上、さまざまな出費が発生します。『すべての領収書は経費で落とせる!』といったようなタイトルの本を本屋で見かけることもありますが、本当にすべての領収書を経費で落としてもいいのでしょうか。
 
経費が増えると税金の負担は軽くなります。というのも、「フリーランスのための確定申告の基本」でお伝えしたとおり、わかりやすく単純化した税金の計算方法は<収入-経費=所得、所得×税率=税額>だからです。

収入から差し引く経費が大きければ大きいほど所得が減り、税額は減少します。したがって、経費はたくさんあるに越したことはありません。ただ、そこで問題となるのが、どこまでが経費の範囲に含まれるのかということです。

経費になるもの、経費にならないものとしては、どのようなものがあるのでしょうか。今回はフリーランスになったら誰もが抱くであろう、それらの疑問にお答えしたいと思います。

仕事のために支払ったものはすべて経費になる?
経費にしてよいものは、法律上、次のように定められています。

1.総収入金額に対応する売上原価その他その総収入金額を得るために直接要した費用
2.その年に生じた販売費、一般管理費その他業務上の費用

この書き方を見てわかるとおり、法律は「これが経費になります」という具体的な書き方をしていません。

なぜかというと、種々の仕事にかかるすべての経費を想定して定めることは困難ですし、新しい仕事がどんどん生まれ、その仕事内容によって経費の範囲も異なるからです。納税者が事業のために使った費用を、解釈によって、柔軟に経費にできるように配慮されているのです。

したがって、経費として認められるのは、フリーランスとして“売上をあげるために支出した費用”と考えてください。誤解を恐れずに言うと、あなたが税務署に対して「これは確かに仕事のために支払ったものだ」と説明できるのであれば、原則としてすべて経費です。
逆に言えば、あなたがプライベートのために払ったものは経費ではありません。

そのため、仕事のために払ったのなら、“すべての領収書は経費で落とせる!”と言うことができます。

フリーランスの方は自宅と事務所が兼用のケースも多いと思います。その際、家賃や電気代はどのように考えたらいいのでしょうか。

その場合は、仕事とプライベートで「按分計算」をします。仕事用に使った割合はどのくらいかを決めて計算した金額を経費にするということです。

按分の計算方法も、法律で決まりがあるわけではありません。その按分方法が、事業実態に合ったものだと合理的に説明できるのであれば問題ありません。

参照:
https://moneyforward.com/media/career/62544/



Minsala Balloonのトピック募集中!
Minsala Balloonで取り上げて欲しいトピックやまとめが欲しいなど要望については、こちらからご連絡ください!
お問い合わせフォームへ
#<Gretel::Renderer:0x007fd808833398>