デザインにアートを、ビジネスにうつくしさを提供する「Studio16(スタジオ16)」

クライアントの思いをデザインし、形にするのは非常に困難を極める仕事だと思います。 見た目がきれいなサイトは世の中には溢れていますが、クライアントが本当に求めているものと ユーザー目線で見た場合、乖離してしまうことも多々あります。

「クライアントが本当に考えている、伝えたい思いとは一体なんだろうか?」
Studio16(スタジオ16)では、クライアントが真に求めているビジネス・デザインを 整理整頓、表現することを第一としてクライアントと向き合っています。
極端な利益先行を追い求める昨今、ビジネスの中にも本当に美しいデザインを提供し続ける「Studio16(スタジオ16)」とは どんな会社なのか、インタビューしてみました。

Studio16 top

「Studio16」はどういった会社でしょうか?

シンプルに言うと、デザインの事務所です。
デザインだけでなく、アート制作やプロデュースなどクライアントが求めている点でお仕事をさせていただいております。

Studio16 1

ネーミングの由来、意味について教えてください

パっと頭におりてきたのが「スタジオ」
そして、なにかと縁がある「16」という数字を組み合わせました。
自分の想いと重ねてみると、なにかの「箱」であり、場所でありたい。 という意味にぴったりだと思いこの名前にしました。

Studio16 のデザインコンセプトを教えてください

「ビジネスに、うつくしさを。」です。

利益が出ればなんでもいいというだけではなく、
「ビジネスのなかに、より深いものを追求している」
「ただ売るだけでなくて、豊かさや美しさも大切にしたい」
「心のゆとりを保ちながら成果を上げたい」
というような、先進的なビジネスのスキルと洗練された感性をお持ちのクライアント様の ビジョンをカタチにするお手伝いをさせていただいています。

studio16を作られたきっかけを教えてください

いつかは自分で事務所を、と考えていたのですが、 個人的に依頼していただける仕事が増えてきたタイミングがありました。 また引っ越しをしたり、これは人生の転換期かもしれないと感じ、当初想定していたよりも少し早めて立ち上げました。

デザインしていく上での試行錯誤はありましたか?

会社に所属している間、打ち合わせをなるべく密にし、 クライアント様の潜在的なお望みをひき出す感覚を養いました。
たとえば、クライアントさんが「赤がいい」と言われれば赤を主体としたデザインを作る。 またそれとは別に、クライアントさんの「内なる思い」を引き出し、 それをデザインして提案する。 とにかく、そういうことを繰り返しました。

Studo16が手掛けたデザインサイトが公開中です。
プロの釣り師(アングラー)様のカスタムカーを制作するにあたり、 メインデザイナーとして起用されました。
デザインサイトはこちら ⇒ https://xtrail-fishingpro.com/

内装を含めて、クライアントが求めている点を多分に表現させていただきました。
Studio16 work
Studio16 2
Studio16 3

御社の強みとなるポイントについて教えてください

長年かけて培ったヒアリング方法で、お客様の潜在的な願望だったり、 方向性などを感じ取ってデザインすることが強みだと思います。
嬉しいことにお客様に「すぐに売り上げに繋がったよ」とか「運が向いてきた!」という感想をよくいただきます。

デザインを作る上で、伝え方、魅せ方で気をつけたところはありますか?

心がけていることは、クライアント様の世界観を余すところなく表現することです。
あとは、実際にそのデザインを使用するシーンに合わせた提案をしています。

クライアントはどういった方々がいらっしゃいますか?

一般の方から企業様、
もう一押しが欲しい方や、
自分自身のビジョンを明確にカタチにしたい方、
自信をもってスタートを切りたいお客様など、様々です。
企業様だけでなく、一般の方にも生活のちょっとした部分に、 デザインを取り入れることの喜びを伝えられたらなぁと常に考えてアプローチを続けています。

これまでに手掛けた作品はどういったものがありますか?

今まで本当に多くの作品に携わらせていただきました。
リオオリンピックのエントランスや選手村に設置されたデザインピンポンテーブルや、 卓球アイテムのアーバンなブランド、 えんとつ町のプペルのレーシングカー、 様々な皆様のロゴマークや名刺など、プロジェクトによって様々です。

デザインを手掛けて、成功した例があれば教えてください

わかりやすい例としては、卓球のアーバンブランドは、 NHKさんにデザイナーとしてロングインタビューを受けました。 卓球の映画「ミックス。」にもアイテム提供させていただいたり、 とても良い経験をさせていただきました。 その他のデザインも、皆様活躍されている方ばかりで本当に有難いです。

デザインで悩んだら、Studio16さんに依頼すれば問題はないですね?

そうですね^^
ちょっと行き詰っているな、とか面白い方向に向かいたいな!と思った時は、 Studio16を思い出していただけると幸いです。

今後の展開について教えてください

直近では、プロアングラー佐々木勝也さんの「釣専用」のクルマを作り上げるプロジェクトに参加しました!
今後は多方面でアプローチしていきたいと思ってます。
デザインサイトはこちら ⇒ https://xtrail-fishingpro.com/

ミンサラを見た!で
はい、ありがとうございます^^
弊社にお問合せいただいた際に「ミンサラを見た!」と伝えていただければ
お見積金額から30%お値引きさせていただきます!




インタビューありがとうございました!

Studio16 bottom
渡邊 里詩亜(わたなべ りしあ)
デザイナー

2018年2月 設立
これまで多数のプロジェクトに参画し、多くの作品を世に生み出す。

X-TRAIL FISHING PRO KATSUYA SASAKI EDITION

えんとつ町のプペルカープロジェクト レーシングカーデザイン

アートカープロジェクト


Studio16 公式サイト

インタビュー希望者募集中!!

Minsalaではインタビューを希望する法人・個人で活動されている方を募集します。

インタビュー内容の詳細については下記問い合わせより【インタビュー希望】と記載の上ご連絡ください。
お問い合わせフォームへ
#<Gretel::Renderer:0x00007fe408407628>